八幡市アイコン  石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)

八幡市ライン

石清水八幡宮男山山頂にある石清水八幡宮は、応神天皇、比メ大神、神功皇后をまつる旧官幣大社である。八幡宮の遷座以前は、男山山中から湧き出る清泉を神としてまつっていた。
859年(貞観元年)、奈良大安寺の僧、行教が、九州・豊前国の宇佐八幡で「吾れ深く汝が修善に感応す。敢えて忍忘する可からず。須らく近都に移座し国家を鎮護せん」との八幡大菩薩の神託をうけた。その後、平安京に向かう行教が山崎離宮(大山崎町)で、再び「王城鎮護のため、男山に祀るように」との神託があった。行教はこのことを朝廷に報告。時の清和天皇の命を承け、木工寮権允橘良基が宇佐宮に准じて、正殿三宇、礼殿三宇からなる神殿六宇の造営に着手し、翌860年(貞観2年)4月3日に「石清水八幡宮」は鎮座した。
以来、朝廷の崇敬を得て、伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟と崇められ、源氏もまた八幡神を氏神として仰いだため、八幡信仰は全国に流布した。なかでも、源義家は7歳にして石清水八幡宮において元服、「八幡太郎義家」と名乗り、源氏一門を隆昌に導いた。

黄金の雨樋(おうごんのあまどい)

石清水八幡宮が所蔵する数多くの宝物の中にあって、特に際だっているのが本殿に架かる黄金の雨樋である。この雨樋は、八幡造りといわれる外殿と内殿の谷にかかっており、その大きさは長さ21.6メートル、外径0.6メートル、深さ0.21メートルで、厚さは実に3センチメートルもある。
『信長公記』には、石清水八幡宮の黄金の雨樋について次のようなことが書かれている。
「天正7年(1579)12月10日、信長公は山崎に陣を移し、翌11、12の2日間は雨天のため京都山崎の宝積寺に滞在していた。そのとき、石清水八幡宮の内殿と外殿との間には昔から木製の雨樋が架かっていたが、それが朽ち腐って雨が漏り、損壊寸前であり難儀していることを聞き、早速、造営を決めた。天正8年(1580)3月、仮遷宮があって、ほどなく社頭・神殿の屋根をふき終え、築地・楼門の工事もすみ、金ぱくや七宝をちりばめ、わずか9か月で、造営をすべて終えた。」 信長はこのあと、正遷宮を訪れ、武運長久と家門繁栄を祈ったという。

目貫の猿(めぬきのさる)

石清水八幡宮の現社殿は寛永8年(1631)から寛永11年(1634)にかけて三代将軍徳川家光の造営によるもので、楼門、舞殿、幣殿、外殿、正殿、回廊からなっており、すべて重要文化財に指定されている。楼門は、入母屋造り、桧皮葺で、左右に回廊を出して外囲いを作り、前方に唐破風の向拝(ごはい)をつけた珍しい建築である。また、本殿は八幡造りといわれる建築様式で、外陣(外殿)と内陣(正殿)とに分かち、三間社を一間づつあけて1棟とする「11間社八幡造り」の形になっている。
建築の細部にわたって、極彩色の華麗な桃山風透かし彫りが多数施されており、その数は152点にも及ぶ。そのほとんどは花鳥などをモチーフにしたものである。
特に西門上にある蟇股(かえるまた)と呼ばれる部分の彫刻は「目貫きの猿」と呼ばれている。これは、あまりにも彫刻が見事なため、猿に生命が宿り、夜な夜な社殿を抜け出してはいたずらをした。そこで、これを封じるために右目に細い釘を刺し逃げ出さないようにしたという伝承が残っている。

一ノ鳥居(いちのとりい)

室町将軍の足利義満は参詣の際、この一ノ鳥居前で牛車を降り、本殿に向かった。木造りによる鳥居の建立は、たびたび行われた。応永8年(1401)の造り替え時は、9月21日に山崎八王寺で二本の杉を伐り、24日、大勢の人夫によって宿院河原へ運ばれた。10月7日に2本の柱を立て、19日に笠木が上げられて、21日にようやく完成した。また、鳥居の造り替えのための材木料や人夫の特別徴収が行われたため、応永29年(1422)には大山崎離宮八幡の神人が、社務所の坊舎へ押し寄せ、乱闘になったと『看聞御記』は伝えている。鳥居は、元和元年(1615)に木造りで建てられたのを最後に、寛永13年(1636)に寛永の三筆とうたわれた松花堂昭乗の発案によって石造りに改められた。鳥居の額は、平安時代に書道の名人とうたわれた藤原行成が一条天皇の勅願により書いたもので、「八幡宮」の「八」の字は、鳩の姿を形どってあるといわれている。石造りに改められた折、松花堂昭乗が行成の筆跡をそのまま書き写したものであり、惣胴板張りに金字で現されている。

三ノ鳥居(さんのとりい)

男山山頂にある神馬舎前の三ノ鳥居は、南北朝が統一まもない応永7年(1400)7月16日に建てられた。それから約200年間、鳥居は大木を用い、朱塗りにし、金で飾られ、非常に美しかったようだ。正保2年(1645)正月に石造りに改められ、松花堂昭乗の門人、法童坊孝以の筆によって、源家の霊を崇め、武門繁栄の祈請文が記されたが、鳥居は安永3年(1774)の台風で倒れ、その後、安永7年(1778)5月に修復された。現在の鳥居は、昭和36年(1961)の第二室戸台風で再び倒壊し、翌年12月に再建されたものである。

※「黄金の雨樋」と「目貫の猿」は本殿内にあります。本殿内の拝観は社務所へお問い合わせください。
【住所】 八幡市八幡高坊30   【電話番号】 075-981-3001 

ページトップへ


 
八幡市アイコン  高良神社(こうらじんじゃ)

八幡市ライン

石清水八幡宮の麓の頓宮横にあり、行教律師が建立した神殿の跡に鎮座している。もとは、河原社と称し、馬場先本道を挟んでその前方を流れる放生川の側にあった。貞観3年(861)に行教によって建立された古い神社である。同社は慶応4年(1868)鳥羽伏見の戦いによって消失してしまったが、明治15年(1882)に再建された。
高良神社の有名な逸話として、元徳3年(1331)、兼好法師が著した徒然草に見ることができる。「ある日、仁和寺の和尚が石清水八幡宮を詣でようと訪れ、極楽寺、高良神社を詣でた。参詣を済ませ、さて帰ろうとしたとき、人々は山頂をめざして階段を登っていく。何だろうと思ったが、私は今回の旅の目的である石清水八幡宮に参詣を済ませたのだからと帰ってしまった。後で石清水八幡宮が山頂にあることを知って、どんな小さなことでも、案内人は必要だと痛感した」というものだ。石清水八幡宮は遷座当初から国家、皇室、さらに武家の守護神として尊崇されてきたためか、もっぱら地域の人々が心のよりどころにした氏神は「高良神社」であった。

ページトップへ


 
八幡市アイコン  飛行神社(ひこうじんじゃ)

八幡市ライン


飛行神社飛行神社は、大正4年(1915)、航空界のパイオニア、二宮忠八が八幡市八幡土井の自宅邸内に創建したのが起こりである。 忠八は、慶應2年(1866年)6月、愛媛県八幡浜に誕生。独学で作った凧は、独創的かつ奇抜で「忠八凧」と呼ばれた。明治20年(1887)12月、丸亀歩兵連隊に入隊。四国山岳地帯で演習中、烏が残飯を求め滑空する姿に興味を示し、空を飛ぶ機械の発明に大きなヒントとなった。以後、研究を重ねて明治24年(1891)4月29日、日本人初のゴム動力による「カラス型飛行器」の飛行に成功。次に人の乗れる玉虫型飛行器を考案に着手。明治26年(1893)に設計を完了し、軍で研究開発してもらおうと願い出たが却下され、独力完成を決意。資金を貯え、自力で飛行機開発の条件が整った明治33年(1900)、京都府八幡町に土地を求め、開発に努力していたところ、明治36年(1903年)12月17日、ライト兄弟が飛行機を完成させ、飛行に成功したとの報を聞くことになった。忠八は無念の涙を流し、「飛行機を作ったとしても真似という評価しか受けない」と製作を断念したという。

参拝は、午前9時から午後5時まで(冬時間の閉門は午後4時)。
資料館の見学は午前9時から午後4時まで。入館料300円。
【住所】 八幡市八幡土井44  【電話番号】 075-982-2329

ページトップへ


 
八幡市アイコン  石田神社(いしだじんじゃ)

八幡市ライン

『山城綴喜郡誌』によれば、大宝2年(702)当地に鎮座、文治4年(1188)源頼朝により神事料として土地の寄進をうけたとある。
以前は牛頭(ごす)天王社と称され、明治になり石田神社と改称した。現在、祭神は建速須佐之雄命である。境内は、堀状の水路が周囲をかこみ、木々が茂る鎮守の森の様子をよくとどめている。又、当神社に伝わる1200点以上の古文書類は、神社及び上津屋地区の歴史を語る貴重な資料である。
本殿は、嘉永4年(1851)造営(「伊佐家文書」)の比較的大きな一間社の流造で、木津川の水害を意識してであろうか、一段高い石垣の上に建つ。拝殿も同時期のものであるが、享保20年(1735)再建時に葺いた刻銘入り鬼瓦を屋根にのせている。
現在、御輿倉として利用されている建物は、もと宮寺の福泉寺で本地仏である薬師如来を本尊とする薬師堂であった。(「石田神社文章」)本尊は、明治の神仏分離で、同里垣内浄土宗西雲寺に移され、現在に至る。当神社に残る古文書の中に文政5年(1822)この薬師堂の普請願書があり、建築様式からみても、江戸後期この頃の築造と考えられ、瓦も大きく、しっかりした造りである。
築造当初は、蔀戸(しとみど)で北側に出入口があり、御輿倉転用時に前扉を付け替えたと考えられる。
本市内で廃仏毀釈にもかかわらず、神仏混淆の宮寺の跡をとどめるのは、ここ石田神社だけである。これら建物群をはじめ古文書に至るまで大切に保存されたのは、上津屋村の氏子中の強い結束と努力のたまものであろう。

ページトップへ


 
八幡市アイコン  内神社(うちじんじゃ)

八幡市ライン


『和名抄』でいう山城国綴喜郡内郷に鎮座する本社は、平安期に定められた『延喜式神名帳』に、「内神社二坐」と記される式内社である。古伝によると、山代内臣をその住居の地に奉祀したのが創建で、相殿に鎮まり坐す味師内宿禰は、山代内臣の祖神であることから、後に合祀されたと伝えられる。また、『神社明細帳』によると、室町時代に起こった大永の乱(十六世紀前半)により社殿が頽廃したため、天正年中に今の地に遷座されたと記されている。旧社地は現在もなお「古宮」と呼ばれ、本社より南東の方角約五百メートルの所に禁足地として現存する。現在の本殿及び境内は、平成十三年十月より十四年九月迄の二年間に亘る、内里区造営事業として行われ、整備完成されたものである。御祭神の山代内臣は、味師内宿禰の後裔であり、内里の郷の始祖とされ、地名の「内」は、御祭神の名によるものと伝えられる。味師内宿禰は可怜の美称である。父は孝元天皇(第八代)の皇子である比古布都押之命で、母は葛城之高千那毘売である。山代内臣の祖神であり、応神天皇(第十五代)に仕えた武内宿禰の異母兄弟にあたる。武勇に優れた兄武内宿禰に対し、美男で温和な性格の神であったと伝えられ、『日本書紀』に記されるように、神代の裁判である「探湯」を初めて行った神として知られる。

ページトップへ


 
八幡市アイコン  狩尾神社(とがのおじんじゃ)

八幡市ライン


三間社流造、檜皮葺
祭神、天照大御神、大己貴命、天児屋根命
創立年代不詳。八幡宮遷座以前の社で、当山の地主神社という。明治10年に八幡宮の摂社となる。現在、橋本西遊寺観音堂にある帝釈天立像は、当社東の傍にあったという帝釈天堂の本尊。本殿は建築様式より桃山時代の洗練されたつくりであるという。慶長6年(1601)に再興されたことが「八幡宮寺御造営の次第」に記載されている。それによると、本願人は清水小八良の妹お亀とあり、尾張徳川家の祖義直の生母相応院で、大工は山路町甚左衛門と田中町久兵衛と記されている。

ページトップへ


 
八幡市アイコン  泥松稲荷社(どろまついなりしゃ)

八幡市ライン


八角堂に近い東高野街道沿いに木造の赤い鳥居を持つ「泥松稲荷大明神」が祀られている。
その昔、もみじ寺というところに小柄で豆狸のような庵主様がいた。また、近くにあった祠には、いたずら好きの狸が住み着いていた。
ある日、狸はいたずらが過ぎて、村人にこっぴどくお仕置きをされ、弱ってうずくまっているところへ庵主様が通りかかった。庵主様は、狸をお寺に連れて帰って手厚く看病してあげるとすっかり元気になった。その狸の名は「どろ松」といい、その後、庵主様について、一緒にお祈りをするまでになったそうだ。
そのどろ松が亡くなると、庵主様は御霊を祀り、朝夕に拝んだそうだ。すると、庵主様にどろ松の霊力が乗り移り、占いが良くあたるようになったという。この噂は京都や大阪に広がり、「どろ松様のお狸様」と呼ばれ、「どろ松大明神」の社と鳥居が奉納された。 今でも、「どろ松大明神」と一心不乱にお祈りすると、願いが叶うと言われている。

ページトップへ


 

八幡市観光協会シンボルマーク一般社団法人 八幡市観光協会
TEL : 075-981-1141 / FAX : 075-981-1132 
京都府八幡市八幡高坊8-7  (八幡市観光案内所内)