流れ橋(上津屋橋)

ながればし(こうづやばし)
CLOSE

時代劇の撮影にも使われる、日本最長級の木橋

全長356.5m、幅員3.3m、木橋としては日本最長級です。増水時の水の抵抗を減らすため、床板が浮き上がって流れる設計になっており、これが「流れ橋」の名の由来となっています。 橋は平成29年(2017)の流出で、過去22回流れました。このうち被害が大きかった昭和57年(1982) 、平成7年(1995)、平成9年(1997)は、全面改修が京都府の手によって行われました。さらに平成26年(2014)に台風11号の影響で流出し、その後、平成28(2016)に復旧した際には、木造橋の一部を鉄筋コンクリートとし、橋面を75cm嵩上げして流れにくい橋となりました。 現在は、木津川堤防のサイクリングロードとともに、近隣の人々の憩いの場となっています。また、自然の風景に溶け込んだ橋は、よく時代劇のロケーションに利用され、河川敷に広がる茶畑と相まって、ありし日を伝える詩的な風情を醸し出しています。

流れ橋(上津屋橋)での撮影許可の手続きについて】

流れ橋においてテレビや映画、雑誌等での使用する目的で撮影をされる場合は許可が必要になります。詳しくは下記リンクをご覧ください。

上津屋橋(流れ橋)での撮影許可の手続きについて/京都府ホームページ (pref.kyoto.jp)

スポット情報 Spot Information

アクセス 京阪本線「石清水八幡宮」駅下車、京阪バス「上津屋流れ橋」バス停下車、徒歩約5分
  • 流れ橋(上津屋橋)
  • 流れ橋(上津屋橋)
  • 流れ橋(上津屋橋)
  • 流れ橋(上津屋橋)

現在この画面ではマップが表示されません。
お手数ですが以下のGoogleマップのリンクよりご確認ください。