相槌神社

あいづちじんじゃ
CLOSE

名刀「髭切」「膝丸」誕生伝説の社

相槌神社の歴史は古く、約千有余年の歴史を有するとされています。
社伝によると天下五剣と謳われ現在国宝に指定されている「童子切 安綱」を造った刀匠・伯耆安綱と稲荷の神・宇迦之御魂様が山ノ井の水を用い、名刀「髭切」「膝丸」を造った場所と伝わります(現在「髭切」は北野天満宮、「膝丸」は大覚寺が所蔵)。
幕末の地誌「男山考古録」にも同様の伝承が記されています。今も神社隣りに水を湛える「山ノ井」は、八幡五水にも数えられ、平安時代には、刀工「三条小鍛冶宗近」も刀を鍛えたといいます。
「良縁結叶」「悪縁斬祓」「心願成就」などの御神徳をいただけます。

スポット情報 Spot Information

営業時間 参拝は随時可能。
社務所開設日は1日、15日のみ
住所 〒614-8091 八幡市八幡平谷10
アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、徒歩約7分
リンク https://aitsuchi-jinja.or.jp/