下馬碑

げばひ
CLOSE

松花堂昭乗伝の筆跡

相槌稲荷社の南、石清水八幡宮へ上るの石段の左、登り口に建っているのが下馬碑です。 高さ1m55cm、上の家根形部分は55cmあります。
「下馬」の2文字を行書で大書しており、この筆跡は、瀧本坊の住職だった松花堂昭乗のものと言われています。
この碑を見て、藤原尚次(『男山考古録』の著者)は、摂津国の四天王寺に詣でた際に、南門外道の東南の方向を向いた「下馬碑」があり、その形、文字の大きさ、彫刻の模様が八幡の下馬碑と全く同じで、さらに傍らに「寛永十四丑年」と彫られてあるのを見て、松花堂昭乗の筆跡であることは疑いないと言っています。また、松花堂昭乗は四天王寺において、弘法大師の筆法を学んだということが、佐川田昌俊が記した『昭乗行状記』に見えることから、これは昭乗が四天王寺にいたときに書かれたものだろうと解説しています。

スポット情報 Spot Information

アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、徒歩約7分