石清水八幡宮

いわしみずはちまんぐう
CLOSE

日本三大八幡宮のひとつ

日本三大八幡宮のひとつ石清水八幡宮は、応神天皇、比メ大神、神功皇后をまつる旧官幣大社です。八幡宮の遷座以前は、男山山中から湧き出る清泉を神としてまつっていました。
859年(貞観元年)、奈良大安寺の僧、行教が、九州・豊前国の宇佐八幡で「吾れ深く汝が修善に感応す。敢えて忍忘する可からず。須らく近都に移座し国家を鎮護せん」との八幡大菩薩のお告げをうけました。その後、平安京に向かう行教が山崎離宮(大山崎町)にて、再び「王城鎮護のため、男山に祀るように」とのご神託を受け、行教はこのことを朝廷に報告。時の清和天皇の命を承け、木工寮権允・橘良基が宇佐宮に准じて、正殿三宇、礼殿三宇からなる神殿六宇の造営に着手し、翌860年(貞観2年)4月3日に「石清水八幡宮」が誕生しました。
以来、朝廷の崇敬を得て、伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟と崇められ、源氏もまた八幡神を氏神として仰いだため、八幡信仰は全国に広く知れ渡りました。なかでも、源義家は7歳にして石清水八幡宮において元服、「八幡太郎義家」と名乗り、源氏一門を隆昌に導いたと言われています。 
石清水八幡宮の社名は、男山の中腹に湧く霊泉「石清水」に因み、厄除けの神社としても知られます。
現社殿(国宝)は三代将軍・徳川家光の造営で、境内は国指定史跡です。

スポット情報 Spot Information

営業時間 6:30 ~ 18:00(季節によって変動あり)
定休日 なし
住所 〒614-8588 八幡市八幡高坊30
TEL 075-981-3001
FAX 075-981-9808
アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、京阪男山ケーブル「男山山上」駅下車、徒歩約5分
リンク http://www.iwashimizu.or.jp