流れ橋(上津屋橋)

ながればし(こうづやばし)
CLOSE

時代劇の撮影にも使われる、日本最長級の木橋

上津屋浜垣内の木津川堤防を下ると木津川に架かる木橋が見えてきます。正式名は府道八幡城陽線上津屋橋(こうづやばし)。
人はこの橋を「流れ橋」と呼びます。
全長は356.5m、幅3m、木橋としては日本最長級です。流れ橋にはかつて府営の渡船場がありましたが、昭和26年(1951)3月に渡し船が廃止され、橋が架けられましたが、永久橋だと経費がかかるため、節約型の木橋となりました。
橋は、増水時の水の抵抗を減らすため、橋板にまで水が達すると橋板だけがフワッと浮き上がり、8つに分かれて流れ、これが流れ橋の名の由来となっています。しかし、この橋板はワイヤーロープで橋脚としっかり結ばれているため、水が引けば、このロープをたぐり寄せて橋脚に載せれば、再び通行できるようになるのです。
橋は平成16年(2004)の流出で、過去16回流れました。被害が大きかった昭和57年(1982)、平成7年(1995)、平成9年(1997)は、全面改修が京都府の手によって行われました。昭和41年(1966)、枚方バイパス(現国道1号)にかかる木津川大橋の完成により、流れ橋の実用的な価値は減ったものの、木津川堤防のサイクリングロードとともに、近隣の人々の格好の憩いの場となっています。また、自然の風景に溶け込んだ橋は、よく時代劇のロケーションに利用され、河川敷に広がる茶畑と相まって、ありし日を伝える詩的な風情をかもしだしています。

スポット情報 Spot Information

アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、京阪バス「上津屋流れ橋」バス停下車、徒歩約5分