松花堂庭園・美術館

しょうかどうていえん・びじゅつかん
CLOSE

松花堂昭乗ゆかりの庭園・美術館

松花堂庭園は、約22,000㎡の広さがあり、40種類を超える竹や300本を超える椿の他、梅や桜、紫陽花、紅葉などがあり、四季を通じて美しい景観を楽しむことができます。
庭園に併設された松花堂美術館は、草庵「松花堂」や泉坊書院に付属する内装品、松花堂昭乗およびその門人に関連するもの、そして八幡市にゆかりのある美術品や資料等を収蔵しています。展覧会は、春と秋に企画展・特別展を開催するほか、年に三回ほど館蔵品を中心とした展示を行っています。
庭園は、男山四十八坊の一つであった泉坊の庭園を東車塚古墳の上に復元したもので、造園は松花堂昭乗自らの手によるといわれています。庭の中心部は、古墳の前方部の平坦なところを利用して作られており、灯篭や立ち木を除いて空間を作り、地に這う潅木と巧みな飛び石の配置、それを埋める苔によって平面の美が構成されています。
庭園の北側にある茶室「松花堂」は、寛永14年(1637)、松花堂昭乗が泉坊の傍につくった草堂を再現したもので、茶室と住居、持仏堂を兼ねた珍しい建物です。草堂に起居し、点茶三昧に到達した昭乗の茶道の精神が、この「松花堂」によって象徴されています。
松花堂茶室は府指定文化財、松花堂書院は府登録文化財、また松花堂及びその跡は国指定史跡に指定されています。また、松花堂庭園内には、江戸時代の豪商、5代目淀屋个庵(三郎右衛門、通称辰五郎)が愛用した「砧(きぬた)の手水鉢」が書院前に残されています。

スポット情報 Spot Information

営業時間 9:00~17:00(入園・入館は16:30まで)
定休日 月曜日(休日の場合は翌平日)と年末年始
住所 〒614-8077 八幡市八幡女郎花43-1
TEL 075-981-0010
FAX 075-981-0009
アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、京阪バス「大芝・松花堂前」バス停下車すぐ
リンク http://www.yawata-bunka.jp/syokado/index.htm