善法律寺

ぜんぽうりつじ
CLOSE

秋は深紅の紅葉が美しい、別名「もみじ寺」

善法律寺は律宗の寺で、建物は本堂を中心に庫裡、阿弥陀堂、聖天堂が配されています。その本堂は、石清水八幡宮の社殿の材を用いて建立したものと言われています。
寺は石清水八幡宮検校であった善法寺宮清が正嘉年間(1257~1259)に私邸を寄進し、奈良東大寺から実相上人を招いて開山したことに始まります。
室町時代には、善法寺通清の娘良子が将軍足利義詮に嫁ぎ、3代将軍義満の母となりました。義満は神社信仰に篤く、特に八幡宮を崇敬したため、20数回も八幡を訪れています。以後の義教、義政も足繁く往来し、将軍家と善法寺家との密接な関係が続き律寺も足利家の庇護を得て隆盛を極めました。
良子は善法律寺へ自分の好きな紅葉の樹をたくさん寄進したことから、別名「紅葉寺」と呼ばれています。本堂に安置されている八幡大菩薩(僧形八幡)は、明治元年(1868)に神仏分離が行われるまで石清水八幡宮の殿内に安置されていました。等身大の座像は、左手に宝珠、右手に錫杖を持つ平安時代の作りになっています。
また、境内には忠臣蔵で知られる大石内蔵助良雄の養子であり、太西坊(男山四十八坊の一つ)の住職だった、覚運とその弟子の墓があります。

スポット情報 Spot Information

営業時間 9:00~17:00
※境内自由。本堂を拝観される場合は事前にご連絡ください。
住所 〒614-8085 八幡市八幡馬場88-1
TEL 075-981-0157
アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、徒歩約15分
リンク http://ritsuji.web.fc2.com/