安居橋

あんごばし
CLOSE

アーチがうつくしい「たいこ橋」

安居橋は、大谷川が放生川と名を変える八幡平谷の買屋橋から京阪電車踏切手前の全昌寺橋までの約200メートルの間の中ほどに架かる反り橋をいいます。
江戸時代の放生川には、今よりも多くの橋が架けられており、川上から「五位橋」「安居橋」「六位橋」「高橋」という順番に架かっていました。安居橋の名の由来は、康正3年(1457)に架けられた「五位橋」の後に架けられたことから、「相五位橋(あいごいばし)」と呼ばれ、それが後に変化して「安居橋」になったのではないかと「男山考古録」には記されています。
また、その当時の安居橋は平坦な橋で、反り橋だったのは約50mほど川下にあった「高橋」でした。この高橋の高さと、近くにあった男山四十八坊のひとつ、高坊の板敷の高さが同じであり、高坊は行幸御幸の際の宿坊であったため、天喜2年(1054)に「橋が高いのは恐れ多いことだ」として、高橋の橋脚が3尺切り下げられたと伝えれられています。

スポット情報 Spot Information

アクセス 京阪本線「八幡市」駅下車、徒歩約4分